‘カラコン’ カテゴリーのアーカイブ

海やプール、温泉に行く場合のコンタクトは

カラコン | by ichioku 2014年3月10日

カラコン
普段からカラコンや視力補正用のコンタクトレンズのお使いの方は、海やプールに行く時、レンズをどうしていますか?そのまま装着しているという方もいらっしゃるかもしれませんが海水や塩素の入ったプールのお水、そして温泉などもレンズには良くないので外してからの方が良いでしょう。
海やプールの場合、お顔を水につけてレンズにも水がついてしまう場合だけゴーグルなどで目に水が入るのを防ぐようにする方法もありますが、万が一海水や塩素の入ったお水が目に入ってしまった場合にはそのレンズの使用は控えておいた方がよいでしょう。
海水やプールの水には目には見えない雑菌がたくさんいますし、専用の洗浄液以外のものでレンズを洗浄するのは禁止されていますよね。
そのまま装着していて、レンズが取れてしまうことも考えられますし取れなくても瞳の中で雑菌が繁殖しかゆみや痛みといったトラブルの原因になることもありますのでプールや海、温泉などに行く際にはレンズは外していった方が安心です。
また激しい運動をしているとレンズが外れてしまうこともありますし、万が一レンズをつけたまま温泉やプールなどに行くことになってしまった場合を考えると長期使用できるタイプのレンズではなく、1日使い捨てのものをお使いいただいていた方が良いでしょう。
普段は長期使用タイプ、予備に1dayのカラコンを持っていて、海やプールに行く際には1dayのものを装着しゴーグルで目に水が入るのを防ぐ、万が一入ってしまった場合にはすぐにレンズを捨てるといいう感じにしておくとなにかあった時にも安心して対処できるかもしれません。

カラコンの危険性~粗悪品~

カラコン | by ichioku 2014年2月15日

カラコンには粗悪品が多いと思われている方もいらっしゃるかもしれません。
視力補正用のコンタクトは医師の処方箋がないと購入できないところがほとんどですし、眼科が隣接されているメガネ店や眼科での販売が多いと思います。しかしカラコンはいまだにディスカウントストアやネットでも販売されていて、粗悪品ではないかと思われるのも無理ないかと思います。
以前、カラコンが販売された頃は雑貨として扱われていたカラコン。人気がでてきて様々なメーカーから販売されるようになりましたし海外からの輸入カラコンも増えていました。
海外のカラコンは国産のものと比べるとお値段も安く学生さんでも手軽に購入できるものでしたが、製造時の衛生管理が徹底しておらず粗悪品が多く販売され、失明や重傷な眼病になる方が多数いらしたはずです。
しかし日本では2009年から法律が改正されカラコンも医療機器として扱われるようになり、国産のものでしたら以前のような粗悪品はなくなりましたし、海外のカラコンも、品質が高いものが増えてきましたので、粗悪品に関してはあまり気にする必要もないかと思います。
品質も大切ですが、使用の際の注意事項をしっかりと守り安全に使用しておしゃれを楽しみましょう。